安ԍ峠から望むダイヤモンド富士の写真̌̎光と影を抱いて̏̍

『 光と影を抱いて 』

★★★★☆
Nikon D800E / SMC PENTAX A645 35mm F3.5

山並み越しに望むダイヤモンド富士。

通常は富士山周辺のエリアや、遠方の平野部などから撮影されることが多いため、
このようなシーンは比較的珍しいものでしょう。

少し霞があったものの、夜中から一貫して晴れの傾向で、無事に撮影することができました。

霞があったほうが光を映すスクリーンの役割をしてくれるため良いかもしれません。

撮影のバリエーションをつけるため、カメラ2台分の機材を用意し、
望遠バージョンと広角バージョンと両方撮影したうちの、広角版になります。

望遠レンズでは富士山とダイヤモンド富士が強調されシンプルな描写になりますが、
どこから撮ったか分からない、あまり特徴のない写真になってしまいます。

結果的に、今回は広角のこちらのカットのほうがお気に入りです。
シルエットの山並みもうすら見え、富士山から伸びてくる影が大事を抱くようで広大なスケール感が感じられます。

私自身も、このような写真は他で見たことがありませんでした。

しかし、実は本来の狙いは「雲海とダイヤモンド富士」のシーンです。
一度撮影したことがありますが、霞が強かったためぼんやりしてしまい、納得できていません。

雲海が出たとしてもそのたびに表情は違ってくるでしょうし、何度でも挑戦していくべきシチュエーションでしょう。
いつか納得できる「感動の一枚」を仕留めたいと思っています。

- スポンサードリンク -
写真データの提供も承ります(有料)。
カレンダーや広告、雑誌、テレビ等に提供実績あり。
また写真をプリント、額装しての販売も可。メールでご相談ください。

アップロード日: 2016年9月4日

自己評価: ★★★★☆

ほかの写真

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。