サイト・SNSに掲載した写真の使用に関する考え

富士山写真家 オイです。


主にTwitter上でのことなのですが、掲載した写真について「保存しても良いですか?」と質問を受けたりします。

私の回答は「YES」です。

私の写真は、どうぞご自由に保存してください。



しかし写真をパソコンやスマホに保存することと、再使用・配布することとは、違いますよ。


アップロードされた写真などのコンテンツは、法的な問題、常識・モラルの問題、気遣い・マナーの問題、SNS等の規約の問題など、様々な要素を含み、解釈がいろいろあると思います。

今回は、”私の写真”における私の考えをまとめておきます。



写真を保存しても良いですか?

良いです。いくらでも好きなときに眺めてください。

私も、人様の写真はじゃんじゃん保存しますし、SNSのスクリーンショットも撮ります。

一部のサイトやSNSでは保存・ダウンロードを禁止する規約のところもあると思うのですが、
インターネットを経由し、画面に表示している時点である意味ダウンロードされたとも言えます。

また、著作権法的にも「私的使用のための複製」は問題ありません。

どうぞご自由に。

保存した写真を友人などに見せる・送信する

メールやLINEでの送信は、本当は再配布となるためNGですが、
オープンではなく他の人は見られないため、許容します。

個人的には、気付くこともできないし、問題ありません。

ただし、私が撮った写真ということは認識されるべきです。
「オイさんが撮った写真だ」と言っていただければと思います。

シェア/リツイート

FacebookやTwitterにある機能でのシェア/リツイートは歓迎です。

通常のシェア/リツイートであれば、元々の投稿の形式をほとんど変えないので、全く問題ありません。
「シェアさせてください」などのコメントを頂くこともありますが、面倒であれば不要です。
勝手に、むしろじゃんじゃん拡散お願いします。

引用リツイート/コメント付のシェア

こちらも基本的な機能なので、問題ありません。
拡散+コミュニケーションができ、嬉しいです。

できれば好意的なコメントを付与してお願いします(笑)

または、私(作者)とは違った視点でのコメントなどを付与してくださると、ありがたいです。
発信した本人も気付かないことがあったりするので。

プロフィールアイコンやヘッダー・背景画像への使用

これは人により判断が分かれるようですが、個人的にはNGとしたいです。

ただし、一言声を掛けていただければ許容したいところです。

SNSのアイコンなどに使用するということは、世の中に公開され他人が見られる状態になるため”再配布”に該当します。
LINEなど閉じた世界でも、同様です。

勝手に使用されているケースを見かけることもありますが、少し嫌な気分になります。

ただ、厳しく追求するつもりもありません。
気に入ってくれてそうしたのでしょうから、嬉しいことです。

TwitterでもLINEでも何でも良いので、「使いました」と報告いただけると嬉しいです。

待ち受け画面に設定したい

OKです。これも私的な使用に当たると考えていますので。

縦の写真で良いのがあれば、スマホの待受には最適だと思います。

もしお友達に「その写真いいね」と言われたら「オイさんが撮ったんだ」と宣伝してください^^

写真をコピーしての再投稿

こちらは基本的にNGと考えています。

Twitterの旧仕様であった引用リツイートも、一応これに該当します。

写真の再投稿は、発信者が別のユーザー(人間)になってしまうので少し問題があります。

最低限、元の投稿者が誰なのかを示し、私が最初に発信したということをハッキリと記載して頂きたいです。
Twitterであればメンション(="@fujitomo_oi")を記載するなど。
そうすれば、閲覧者もオリジナルの発信者に辿り着くことができます。

Twitterの連携アプリなどでたまに旧仕様の引用リツイートがされているのを見かけることがありますが、
好意的な意図が見られる場合は許容します。

基本的には、新仕様の引用リツイートやシェアの機能を使ってください。

ブログ等への掲載

たまに見かけますが、これはNGです。

私の名前を記載したり、サイトへのリンクを貼っても、無断使用はダメです。

著作権法上の”引用”の要件を満たしている場合は許容せざるを得ませんが、マナー的には一声掛けて頂きたいです。

自分自身のコンテンツのように見せかけたり、素材として使ってしまうのは完全アウトですね。

どうしても使用したい場合は、写真使用料を払っていただくか、
私の名前等のクレジット表記+サイトへのリンクを掲載の上、ご相談という形を取ります。

いずれにしても使用を希望の場合は、一度ご相談ください。

ブログ以外のサイトや、SNSの投稿なども同様です。

書籍やメディアでの使用

こちらは完全に「お仕事」としてお受けします。

使用料などご相談となりますので、まずはメールにてご連絡ください。

基本的に無償での提供はしておりません。
(写真以外の撮影情報・データ含む)




以上となります。

上記に該当しないケースや、気になることがあればお問い合わせ下さい。

どうぞよろしくお願いします。
- スポンサードリンク -

ほかのブログ記事

ご注意など
  • 当サイトに掲載されている全ての写真の著作権は撮影者に帰属し、許可なく転載したり使用することは法律により禁じられています。
  • 当サイトに掲載されている情報の正確性については、その内容を保証するものではありません。
  • 免責事項: 当サイトでは、当サイトを利用したことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。